bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2018年4月時点で約220種類)だけで専門店は御座いません。普通のカクテルやビール等も御座います。 できれば「マスター」と呼ばないでください。お一人様大歓迎です♪  ※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】  当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

入荷情報♪~2018.06【其の参】

米朝会談という文字を目にするたびに、落語家が話し合いをしている図が頭に浮かんでしまいます。

今月は新しいものを入れない予定だったのに、なぜか2回目の入荷情報です(笑)

20180614_2.png
【Asta Morris The Soul Gin Batch 4 (アスタモリス・ザ・ソウル・ジン バッチ4)】
白耳義産 46%


香り:華やかな花の香りに、すっきりとした柑橘系の香り。グレープフルーツやレモン、オレンジ。ラムネ菓子のような甘さを感じる香り。
味わい:レモンシロップのような甘さを感じ、フェンネルの青い癖のある味わいが出てくる。レモンピールやグレープフルーツのわたのような苦味。
余韻:甘さとレモンピール、やわらかな花の香りが鼻に抜け、柑橘の味わいが長く続く。

使用されているボタニカルは、モルト、ジュニパー、コリアンダー、タンジェリン、ラベンダー、ココア、フェネル、ホップ。



魂、久しぶりに復活!(笑)

以前にも、ソウル・ジンのバッチ1をご提供させていただいておりましたが、「魂ください」 という、殺害予告かプロポーズかという感じの表現で、ジャケ買いされる率No.1でした。

「日本のジンなんですか?」「いえ、ベルギーのジンです」というやり取りを何度したことか・・・(笑)

20180614_1.png
【季の美 オールド・トム・ジン】
京都産 45%


「東京インターナショナルバーショー2018」を記念し、特別にボトリングした限定商品で、バーショーで先行販売されました。
定番商品の「季の美 京都ドライジン」同様11種のボタニカルに、与那国島の黒糖を加えてつくりました。黒糖は白糖と比べてビタミン、ミネラルを豊富に含むため、甘味のみならず複雑な味わいを感じさせてくれます。
ラベルには、1624年(寛永元年)に京都に創業し、日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋KIRA KARACHO(雲母唐長)が文様監修したデザインを用いています。



去年の東京インターナショナルバーショーの季のTEA、季の美ネイビーストレングスに続く、今年の限定品はまさかのトム・ジン。
黒糖を使用というのは珍しいですね。

バックバーが既に季の美だらけなので、今回はスルーする予定でしたが、大人の事情で今回入荷致しました。
(一定金額分を買わないと送料が・・・とか、色々とありまして・・・ ^^;)

20180614_3.png
【辰巳蒸留所 アルケミエ・ジン 犬啼】
郡上八幡産 45%


これまでいろいろなボタニカルを蒸留して味わいを確認してきた辰巳蒸留所さんが、出された結論はSimple is Best!
レギュラージンのボタニカルはジュニパーベリーのみ。

夕張から移設した大型ポットスチルで蒸留したジンをメイン原酒に、カブト釜蒸留器で蒸留したジンもブレンド。

味わいは吟醸香の中に針葉樹林の香りがするジンになりました。

蒸留器:大型ポットスチル、カブト釜蒸留器
ベーススピリッツ:粕取焼酎(吟香露)、ちこり焼酎(ちこちこ)
ボタニカル:ジュニパーベリー



今回のメインは、待望の辰巳蒸留所定番ジン♪ (相変わらず秒殺で売り切れていましたが・・・^^;)

先日、辰巳蒸留所代表の辰巳様がお見えになった時に、サンプルを味見させていただいてから、ずっと楽しみにしていたジンです。

定番といいつつ、相変わらず入手困難なのが辛いところです。
福岡の酒屋さん、どなたか取り扱いしていただけませんか?(笑)

 
スポンサーサイト
  1. 2018/06/15(金) 01:37:41|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2018.06

関東甲信越地方も梅雨入りしたようですが、今年は短期集中型の梅雨になりそうだとか。

梅雨というより、雨季という感じですね。日本はすっかり亜熱帯になってしまってるのかしら・・・。

さて、今回はアイルランド産の、乳清スピリッツをベースにした珍しいジンのご紹介です♪

20180606.png

【BERTHA'S REVENGE IRISH MILK GIN (バーサズ・リベンジ・アイリッシュ・ミルク・ジン)】
愛蘭産 42%


かつて酪農場であったバリーボランハウス。チーズやバターを造る時にできる「ホエー」に特別な酵母を加え、ベーススピリッツとしている珍しいジン。ホエーからくる甘味と酸味、そのあとに華やかな香りが訪れ、クリームのような豊かで滑らかな味わいが続きます。

使用されているボタニカルは、レモン、ライム、シナモン、クミン、クローブ、アーモンド、エルダーフラワー、アレクサンダーシード、グレープフルーツ、スウィートウッドラフ、オレンジ。



ホエー、と書くと、なんか間の抜けた感じが・・・(笑)
ホエイ=乳清です。ヨーグルトの上澄み液みたいなやつですね。

アレクサンダーシード、スウィートウッドラフという耳慣れないボタニカルが使用されています。
スウィートウッドラフは、昔からワインやビールの香り付け、ハーブティー、散布剤として、また衣類の芳香剤として良く使われるハーブだそうです。

アレクサンダーシードについては、調べてみたのですが、よくわかりません。アレクサンドリア(葡萄)の種???


  1. 2018/06/07(木) 21:52:53|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

World Gin Day

20180607.jpg

毎年6月の第2土曜日は【World Gin Day】世界中でジンを楽しむお祝いの日とされています。

普段ジンをお飲みにならない方も、たまにはジン・トニックでもいかがですか?^^


あ、六月のスケジュールは特に変更ないので、あげておりません。
通常通り、火曜日が定休日です。

梅雨空の夜、しっとり飲むのもよいものですよ♪

宜しくお願い致します!
 

  1. 2018/06/07(木) 13:43:14|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2018.05【其の参】

本日、九州南部も梅雨入りした模様。

個人的に雨の夜は好きです。

お店的には困ったものですが・・・(笑)

というわけで、梅雨のジメジメを吹き飛ばす、爽やかな風味のジンなどいかがでしょうか?

20180524.png

(右)【BOBBY'S SCHIEDAM DRY GIN (ボビーズ・スキーダム・ドライ・ジン)】
蘭産 42%


スキーダムという場所はジュニパーを使ったジンの発祥の地という歴史を持っており、まさにオランダ産ジンの象徴ともいえる町。1950年代、ジャコバス・アルフォンス氏がオリジナルレシピをもとに自家生産していました。そのオリジナルレシピを、孫にあたるセバスチャン氏が母の家で発見したところからこのジンのプロジェクトはスタートしました。2012年にオランダのハーマンヤンセン社に話を持ち掛け、そのレシピを再現して、2014年に発売されたのがこの『ボビー』なのです。『ボビー』とは祖父であるジャコバス氏の愛称です。

孫のセバスチャン氏は父の生まれ故郷であるインドネシアにも住んでいたことがあり、父が作り出したインドネシアのレシピとオランダのレシピをミックスさせ、現代風にバランスの取れたジンに仕上げました。使用している原料はジュニパー、レモングラス、シナモン、クローヴ、コリアンダー、ローズヒップ、フェンネル、キュベブペッパーで、それぞれを別々にライ麦100%のグレーンスピリッツと共にポットスティルで蒸留し、ブレンドしています。それぞれの原料を混ぜて一度に蒸留すると、それぞれのフレーバーがしっかり出ないそうです。多くの試作を繰り返す中で、このレモンのフレーバーを強くしたジンが一番良いとの結論に達し、発売されました。

オランダのアムステルダムにあるWORLD BEST BAR 50に毎年選ばれているDOOR74やTALES & SPIRITSでも取り扱われており、多くの人がこの味を楽しんでいます。イタリアのミラノの著名人御用達のアルマーニホテル、ブルガリホテルでも多くの人々に愛飲されています。 また今年のワールドスピリッツアウォード2016 において金賞を受賞しました。



前々から気になっていつつ、スルーしていたボビーズ・ジンですが、特別バージョンが出たこの機会に入れてみました。
レモングラスの香りが鮮烈で、爽やかな風味のジンです。

(左)【BOBBY'S SCHIEDAM JENEVER (ボビーズ・スキーダム・ジュネヴァ)】
蘭産 38%


インドネシアの代表的なスパイスであるレモングラスとキュベブペッパーに加えて、それらと相性の良いジンジャーとカルダモン、そしてジュニパーをそれぞれ個別蒸留してブレンドしています。

ジェネバの特徴であるベースのスピリッツには、モルトの発酵液であるウオッシュ(もろみ)、通称「モルトワイン」を8%使用しており、このモルトワインを一度蒸留した小麦由来のグレーンスピリッツと混ぜて、再び蒸留します。ジェネバにはヤングタイプとオールドタイプがあり、このボビーズは第二次大戦後に作られたヤングジェネバで、各ボタニカルのフレーバーをより感じられるよう、モルトワインの比率が低くなっており、ハーバルでほのかに香るモルト感が特徴です。添加物を一切使用しないピュアで洗練された味わいは、ストレートはもちろんのことロックやカクテルでも美味しく召し上がれます。

世界的に権威のある「ワールドスピリッツアワード2018」で見事金賞を受賞しました。
世界で人気が高まっているボビーズジェネバが遂に日本でも発売です。是非この機会にお買い求めいただき、このフレーバーをご自身でお試しください

☆ オフィシャルテイスティングノート ☆
香りは典型的でグレーンとハーブがベースにシトラス、オレンジピール、飴にりんご、洋梨、ベリーの中に微かにモルトとグレーン、ミント、レモン、バーベナにブラックティー、松やにやフローラル。味はとてもフレッシュなスタイルでキャンディ、シトラス、ラズベリー、ブラックティーにグレーンとモルト、デリケートなハーブにジュニパー、マルメロ、木々や葉、アーティチョーク、コンパクトで凝縮したボディ。フィニッシュは長く続く。



久しぶりのジュネヴァ・ジンの入荷です。
(ボビーズの通常品は、オランダ産ですがその名の通り、ドライ・ジンタイプです)

キュベブペッパーという表記になっていますが、インドネシアの香辛料ということは、おそらくクベバ(CUBEB)のことだと思われます。ブラックペッパーに似た香辛料ですが、中身は空洞になっており遥に辛く香りも強いそうです。
有名なところでは、ボンベイ・サファイアにも使用されているボタニカルですね。

 
  1. 2018/05/26(土) 19:43:34|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2018.05 【其の弐】

暑くなったり肌寒くなったり、体調崩されている方が多いようです。
季節の変わり目、皆様ご自愛くださいませ。

さて、当店の季の美、7本目。

季能美、季の美オールドトムジン以外、全部あります・・・(苦笑)

20180519.png

【季のTEA 京都ドライジン #2】
京都産 45%


構成する6つのエレメントの中で高い関心が寄せられた「茶」にスポットを当てた限定商品です。今回も「堀井七茗園※1」所有の「奥の山」茶園で栽培した玉露と碾茶※2を特別にブレンドした最高級の宇治茶を使用。また、銘酒「月の桂」で知られる増田徳兵衛商店の仕込み水を用いることで、柔らかくクリーンな味わいを実現しています
香りは茶室を思わせる独特な覆い香。味わいはホワイトチョコレート、シトラスの後にジュニパーが感じられ、最後に温かい緑茶が長く広く続きます。洋酒の枠を超えた風雅な「和」の味わいに仕上げました。
今回パッケージを一新し、「季のTEA」の世界観を踏襲したグリーン基調のボトルには、1624年(寛永元年)京都に創業し、日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋を継承する雲母唐長が、先祖代々の板木の歴史に新たに加える1枚として特別に「季のTEA」のために彫った板木の文様を用いています。ぜひ、この機会にお楽しみください。

※1)「堀井七茗園」:京都宇治市に明治12年創業の老舗茶舗。室町時代に足利将軍(義満)が指定した七つの茶園、後世宇治七茗園の中で唯一現存する奥の山茶園を所有していることで知られる。
※2)碾茶とは、石臼で粉状の抹茶に碾きあげる前の茶葉のこと。



昨年の東京Bar Showで、限定ボトルとして出たものはかなり人気でした。

本当に【お茶】です(笑)


 
続きを読む
  1. 2018/05/21(月) 22:56:23|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

終日禁煙(Ploom TECのみ可)です。

[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休(2016年9月より)
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!


[Facebookページ]
https://www.facebook.com/BarJuniperBerry
「いいね!」お願いします^^

Facebook

「いいね!」

bar ねずの実bar ねずの実
「いいね!」バナーを作成


 




 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
Project (8)
Tweet (46)
Gin (129)
Diary (24)
Food Menu (4)
Infomation (143)
Cocktail (18)
Information(discount) (3)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (3)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる