FC2ブログ

bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2018年4月時点で約220種類)だけで専門店は御座いません。普通のカクテルやビール等も御座います。 お一人様大歓迎です♪  ※【完全禁煙です。喫煙者の方は<必ず>携帯灰皿をお持ちください。】  ※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】  当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

入荷情報♪~2019.8

連日猛暑が続いておりますが、皆様お元気でしょうか。3月くらいから暑くて辛い店主は、最近ナマケモノくらい動いていません。
元々のblog無精に拍車がかかっております、申し訳ありません。

今月は新しいものは入れる予定ではなかったのですが、気になっていたジンが福岡に来たので入荷してみました。
20190809.png

【Stin Styrian Dry Gin (スティン・スティリアン・ドライ・ジン)】
(豪産) 47%

スティンは2017年にプロデューサー兼製造者であるJohannes FirmenichとReinhard Jagerhoferによって創設された小さな会社で、バーテンダーのPhilipp M. Ernstの支援も受けています。会社の名前でもあり商品名でもあるSTINという名前は、彼らの生まれ故郷であるStyria(英語ではスティリア、ドイツ語ではシュタイアーマルク)のSTと、GINのINを組み合わせて作られました。
クオリティーの高いものを作るためにデザインと原材料は非常に注意深く厳選されています。原材料の中でもエルダーフラワーとリンゴは彼らの出身地のオーストリアのスティリア産のものを使っています。
会社の歴史は短いながらも2018年のワールドスピリッツアワードではベストロンドンドライジンに選ばれ、スピリッツオブザイヤー2018とワールドスピリッツアワード2018で金賞を受賞しています。

トウモロコシが原料の96度のベーススピリッツにボタニカルを入れ、数日間マセレーションした後、ボタニカルを取り除きます。その後、小さな50リットルの銅製単式蒸留器で非常にゆっくり蒸留することによって最大のアロマを得ることができます。蒸留後にフレーバーや砂糖が添加されることはありません。

スティンの味は28種類のすばらしいボタニカルによって形成されています。主要成分に加えてジュニパーベリー、南スティリア産のリンゴ、東スティリア産のエルダーフラワーがその味を左右しています。エルダーフラワーとリンゴを使用しているため、とてもフルーティーで、柑橘類の香りもあります。アルコール度数が47%あるので、ロックで飲んでも滑らかな口当たりです。砂糖を添加していませんが、ほんのりとした甘さもあります。
良質なジンの味を楽しむには他のものとミックスせずそのまま飲むのがお勧めです。ジントニックにする場合は砂糖が少量しか使われていないトニック・ウォーターを使用するのをお勧めします。

現在の年間生産量は15,000本です。



2018年の東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)最高金賞を受賞した唯一のジンです。
スポンサーサイト



  1. 2019/08/11(日) 19:49:03|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2019.7

春頃から心待ちにしていた奈良のジン、ようやく入荷できました♪

20190705.png

(中)【橘花 KIKKA GIN】
(奈良県産 大和蒸留所) 59%

奈良に古くから伝わるボタニカル「大和橘」と「大和当帰」。この2つのボタニカルとジンの核である「ジュニパーベリー」を使用し、独自の配合・蒸留技術で3つのボタニカルの個性を余すことなく抽出し、すくない種類ながら華やかで深みのある香りを楽しめるジンに仕上げました。
また、アルコール度数を高めに仕上げ、様々なアルコール度数で開く香りの花を感じることができます。

【ボタニカル】
「大和橘 Yamato Tachibana」
非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)すなわち「永遠に香っている果実」として2000年前から存在する日本固有の柑橘。歴史的には垂仁天皇が田道間守に命じて、不老長寿の妙薬として橘の実を大和に持ち込んだと言われています。日本最古の柑橘植物で、絶滅危惧種に指定され、天然記念物にもなっている大和橘ですが現在でも京都御所紫宸殿では「右近の橘」「左近の桜」として代々大切にされています。

「大和当帰 Yamato-Touki」
特異な甘い芳香が特徴のセリ科の植物。その歴史は古く、大和当帰の根は日本書記にも記載され、生薬として使用されていましたが、2012年に葉の部分が「非医」扱いになりその葉の深い緑色や特徴のある個性的な香りを和ハーブとして使用が可能になりました。
大和橘の華やかな香りと大和当帰の深い味わいをお楽しみ下さい。



なかなか入手できない上に転売が横行しているため、最近入れる気がなくなりつつあった(笑)アルケミエ、久しぶりに入手できました。
(左)【アルケミエ First Essence Orange Folower Gin】
(岐阜県産 辰巳蒸留所) 45%

蒸留器:カブト釜蒸留器
ベーススピリッツ:吟香露、天真(米)、ちこり焼酎
ボタニカル:ジュニパーベリー、三ヶ日みかんの花
生産本数560本

初夏です。みかんの花が香る季節になりました。
静岡県浜松市にある「まる敬農園」さんより、今年も三ヶ日みかんの花が最も香る瞬間に収穫してもらいました。
今年の春は暖かく花が咲く時期も早くなると予想されましたが、蕾から花が咲く直前の1週間の気温が一気に冷え込んだため、
蕾の状態でゆっくりと大きくなり、例年に比べてみかんの花が大きいそうです。
今年も蒸留所に届いたみかんの花の香りは、白く可憐な花からは想像できない程に重厚感のあり、圧倒的存在感。
蒸留所内がすぐに花の香りに包まれました。



(右)【アルケミエ First Essence Lavender GinN】
(岐阜県産 辰巳蒸留所) 45%

蒸留器:カブト釜蒸留器
ベーススピリッツ:吟香露、天真(米)、ちこり焼酎
ボタニカル:ジュニパーベリー、ラベンダー
生産本数770本

6月上旬、岐阜揖斐郡池田町にある「ラベンダーファームあまおか」より、ラベンダーの花が咲く直前の最も香る瞬間に収穫してもらいました。
今年もラベンダーの花全体(茎含む)を一緒に蒸留したため、いつもよりハーバルな味わいです。
ジュニパーベリー由来の針葉樹林の香りにラベンダーが寄り添うようなジンです。

  1. 2019/07/06(土) 13:59:44|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2019.6【其の参】

九州北部もようやく梅雨入りしたようです。

去年のような豪雨災害にならない程度の恵みの雨が降りますように・・・。

20190615.png

【DREYBERG RED BERRY GIN (ドライバーグ・レッド・ベリー・ジン)】
(独産) 40%

既に世界市場で様々な受賞歴を持ち、日本のマーケットにおいても敏感なプロフェッショナルバーテンダーの方々からの 支持の高い信頼のブランド「フェルディナンズザール」を生産するアバディス蒸留所の意欲作。

 ベーススピリッツは90%以上のライ麦と、少量の小麦が原料。 地元産のものを中心に、隣接するフランス、ルクセンブルグ、ベルギー近郊より調達して自家蒸留しています。
 ボタニカルは全10種類。ドライジンの伝統的ボタニカルとの見事な融合をお楽しみいただけます。
 ラズベリー、ザクロの赤い果実をキーボタニカルに、アップルミントの爽やかな余韻が心地良い仕上がり。
 クラフトジンの裾野を拡げるべく生み出された分かり易く、キャッチーなキャラクターをぜひご体感下さい。



開栓するまで、スロージンタイプなのかどうか分からず、blogにもメニューにも書けずにおりました(笑)
(フレーバード・ジンではなく、ドライ・ジンでした)
 
  1. 2019/06/28(金) 17:41:11|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2019.6【其の弐】

20190606.png

(左)【ORI-GIN 1848 (オリジン1848)】
(沖縄産) 48%

トロピカル&リッチな風味をベースに、ジンの骨格であるジュニパーベリーの風味等、ボタニカルの香味が心地よく感じられます。 ベースとなるスピリッツには、トロピカルな風味のさくら酵母仕込みの泡盛を使用しているので、ベースとしてだけではなく、ボタニカル(香味原料)の役割を果たしているんだそうです。 そして、テーマである「ひと口で沖縄の魅力が伝わる」ように、ジュニパーベリーのほか、9種類の沖縄のボタニカルを厳選。

高級パインとして知られる、西表島のピーチパインを、キーボタニカルとして贅沢に使用し、製法においても、原料を1度にまとめて抽出・蒸留する従来のジンの製法とは異なり、 それぞれの特徴が際立つように分けて抽出・蒸留した後にブレンドしているというこだわりよう。 実に、従来の5倍以上の工程になるそうです。 そうして誕生した瑞穂のクラフトジン「ORI-GiN1848」は、 トロピカル&リッチな風味を維持しつつ、ほぼすべてのジンカクテルに合いますし、シンプルに、ロックやトニックウォーターで割るのもオススメですよ。

【ラベルデザイン・名前の由来について】 ラベルに記載されているORI-GiNのデザインは、洋酒専門家として世界的に著名なPhilip Duff氏が、瑞穂酒造さんのジンをテイスティングした際に絶賛し、自ら命名・サインしたものだそうです。それに瑞穂酒造の創業年である1848年を組み合わせて「ORI-GiN1848」という名前になりました。 泡盛をベースにしたオリジナルなジン。伝統とあらたな挑戦への思いが込められています。

(10種類のボタニカル) ジュニパーベリー・ピーチパイン・レモングラス・コリアンダーシード・シークヮーサーリーフ・ヒハツモドキ・生姜・月桃リーフ・紅茶・イエルバブエナ



(右)【季の美 スロージンスタイル ハスカップ・リキュール】
(京都産) 30%

イギリスの伝統的なスロージンをベースに日本風にアレンジした製品で、スローベリーの代わりにハスカップと梅の実を使用しています。「東京インターナショナルバーショー2019」を記念して特別にボトリングされ、バーショーで先行販売されました。

果実の風味が引き立つように特別にブレンドしたジンに、北海道産の「ハスカップ」と希少品種の京都産梅「城州白」を浸漬後、北海道産の甜菜からつくられたグラニュー糖を加え、様々な味わいが最高の形で調和するよう丁寧につくり上げました。赤く映えた鮮やかな色合い。ハスカップならではのチャーミングな酸味、梅由来の旨味がジンと調和した味わいは、ストレートやロックはもちろん、カクテルのベースとしてもお楽しみいただけます。

ラベルには、1624年(寛永元年)に京都に創業し、日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋KIRA KARACHO(雲母唐長)が文様監修したデザインを用いています。ぜひ、この機会にお楽しみください。



20190611.png

【ジン 無銘】
(福岡産) 40%

 「ジン 無銘」は、本格焼酎蔵の粋を集めて生み出したクラフトジンです。ベーススピリッツに米焼酎を贅沢に使用し、ジンのキーフレーバーとなるジュニパーベリーや日本ならではの素材など8種類のボタニカル(ジュニパーベリー、コリアンダー、ビターオレンジピール、柚子、玉露、桜葉、ホップ、和薄荷(ニホンハッカ))を使用しています。

力強い味が特長の「ジン 無銘」はロックが一番のおすすめです。その他、定番のジントニックや、レモンやライムを搾ったりと多様な飲み方がお楽しみいただけます。

 同社のチャレンジとなるジンを、銘柄ではなく味わいで評価していただきたいという思いから、商品名は“美酒に銘なし”という意味の“無銘”としました。



 
  1. 2019/06/11(火) 03:21:08|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2019.6

20190531.png

【PANDA BIO GIN (パンダ・ビオ・ジン)】
(ベルギー産) 40%

世界で初めてベーススピリッツにライチを使用した、ベルギー産オーガニック100%のクラフトジン。

ボタニカルはチェリー、オレンジピール、バジル、ローズマリー等。パンダのラベルが印象的です。



最初、見たとき、名前とラベルのデザインで買う気が失せた(笑)のですが、先日、大阪での試飲会で味見してみて衝撃を受けたジンです。

ベーススピリッツに使われているライチの独特の風味が結構しっかり残っています。

 
  1. 2019/06/01(土) 21:14:16|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

終日禁煙(Ploom TECのみ可)です。
それ以外のお煙草につきましては、極力ご遠慮ください。どうしても喫煙される場合は、【携帯灰皿をご持参の上】屋外にてお願いいたします。


[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!






 

Facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
Project (8)
Tweet (48)
Gin (151)
Diary (24)
Food Menu (4)
Infomation (177)
Cocktail (19)
Information(discount) (4)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (4)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR