bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2018年4月時点で約220種類)だけで専門店は御座いません。普通のカクテルやビール等も御座います。 できれば「マスター」と呼ばないでください。お一人様大歓迎です♪  ※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】  当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

日曜大工(土曜日ですが)

fc2blog_20180512223131dd1.jpg

暑くてたまらない土曜日の午後。

カウンターのスイングドアが、去年から外れかけてたのを、思い立って直したのですが・・・。

去年から買ったままの新しい自由蝶番を、前のが付いていた通りに付けたけど、なぜかうまくいかず???

調べてみたら、部品の上下が逆のようで、新しい穴を開けて付け直すと一発で直りました。

さて、なぜ今まで逆のままで使えていたのか、そして、前に付けたのはプロの大工さんなんだけど、なぜ逆さまに???
色々な謎が残されたまま・・・^^:

でも、ギシギシいわなくなったし、壁紙を削らなくなった(笑)ので、ひとまず満足です。

そして、久しぶりに使う電動工具は楽しかったです♪

連休明けの静かな週末、スイングドアまで静かになってしまい・・・。

皆様のお越しをお待ちしております!
スポンサーサイト
  1. 2018/05/12(土) 22:40:42|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜尾蒸留所見学

相変わらずの遅筆で申し訳ございません。2週間近くかかってやっと書き終わるとか・・・orz

去る4/17(火)、小雨の中、広島県廿日市市の桜尾蒸留所様にお邪魔させていただきました!
20180417_sakurao01.jpg
今年稼働したばかりの新しい蒸留所、外観もとても綺麗です。

20180417_sakurao0.jpg
ロゴマークは桜の花びら+中国醸造さんのメイン商品、ダルマ焼酎から、ダルマのイメージ。


(画像は公式サイトより)
桜尾ジン・リミテッドのコンセプト→【広島県産の山海の幸】 ボトルの色は【桜】をイメージしたピンクに。
桜尾ジン・オリジナルのコンセプト→【一般的なドライ・ジン+瀬戸内の要素を】 ボトルの色は【高級感】を意識した黒に。

20180417_sakurao02.jpg
桜尾ジン・リミテッドに使用されるボタニカルは、すべて広島県産。
柑橘や山椒、お茶等は地のものを使用されているジンが多いですが、ジュニパーベリーは珍しいです。
しかも、県内に自生している場所があり、そこのものを使用しているというのも驚きでした。

見学者用の部屋には、各ボタニカルの実物が一部展示されていました。

瀬戸内レモン
20180417_sakurao04.jpg
ヒノキ
20180417_sakurao05.jpg
緑茶
20180417_sakurao06.jpg
コリアンダー・シード
20180417_sakurao07.jpg
オリス・ルート
20180417_sakurao09.jpg
クロモジ
20180417_sakurao10.jpg
そして、一番の謎(笑)、地御前牡蠣の殻・・・
20180417_sakurao11.jpg
最も気になっていた、牡蛎の殻を採用した理由も伺いましたが、至ってシンプルでした。
広島の海の幸といえば牡蛎と即決→店主も突っ込んだ、牡蛎はボタニカルではないのでは?という点は、内部では誰も違和感なくそのまま造った後で、やはり各所から突っ込まれているとか(笑)
 また、ボウモア蒸留所を見学した際、同じ海辺の蒸留所ということで潮の香りが欲しいと感じたところからの発想だったそうです。


この日は残念ながら、ウイスキーの製造中だった(笑)のですが、おかげで製造担当の方からお話を伺うことができたので、それはそれで幸運でした。

最近、米国のクラフト蒸留所で主流のハイブリッド蒸留器。桜尾蒸溜所さんで使用されているのは、ドイツの蒸留機メーカー、アーノルド・ホルスタイン社製のもの。
アーノルド・ホルスタイン社は、造り手ごとに蒸留機を受注生産しているそうで、ジンやウイスキーだけではなく、どんな蒸留酒にでも対応し、 最高級の蒸留酒を製造するための高品質な蒸留機を製造しているメーカーさん。 これだけで2億弱とか!
20180417_sakurao12.jpg

材質は釜と精留塔は銅、冷却塔はステンレス。ウイスキーの蒸留器は冷却塔まで銅製のものが多いのですが、ハイブリッドの場合、ジンの製造の際、カルバミン酸エチルという発がん性物質(酒類を含む発酵食品に含まれる。特に種を含んだものを蒸留した場合に生成されやすい)があるのですが、これが気化した状態だと銅イオンによって毒性が抑えられ、蒸留後の酒になると銅が生成を促進し毒性が戻るという特徴があるため、銅とステンレスを使い分けて造られているそうです。

1バッチでできるお酒は1,500リットル。ジンを1回造るのに所要する時間は2日。

また、ジンだけではなく、ウィスキー造りにも使用されているため、余計な香りが付くのでは?という疑問がありましたが、基本的にはどちらか一方を続けて造り、別のものを作る前には、1週間がかりで洗浄してから使用するので大丈夫だとか。
現在はウイスキーの方をメインで造られているそうです。ちょっと残念(笑)


20180417_sakurao14_Ginbasket.jpg
この部分がジン・バスケットです。ヴェイパー・インフュージョン(ボタニカルを入れた金属製の籠に、蒸気が通過することによる風味付けを行う方法)に用います。

店主が一番気になっていた、ボタニカル毎のスティーピング(浸漬)方式とヴェイパー(蒸気)方式の使い分けについては、残念ながら企業秘密ということでした。(ですよね)

仕込み水には、地元水系の湧き水を使用されています。

各ボタニカルについてもお聞きしましたが、おおまかに以下のような使い分けをされているそうです。

・桜尾ジンを特徴付ける、柑橘類(瀬戸内レモン、ネーブル、夏ミカン、川根柚子、橙)は全てピールのみ、旬の時期等あるため、フレッシュを冷凍したものを使用。
・茶葉等は乾燥させたものを使用。
・リミテッドの場合、ジュニパーベリー、ジュニパーベリー・リーフ、青紫蘇、ワサビ等は採取してきたままフレッシュで使用。
 オリジナルに使用されているマケドニア産のジュニパーは乾燥状態(輸入物なので)。
・赤紫蘇は取れる時期が夏前に限られるため、冷凍して使用。
・牡蛎の殻は、身はきれいに取り除いてバスケットにそのまま投入。

また、オリジナルの方には、一般的なボタニカルの内、アンジェリカ・ルート、コリアンダー・シード、オリス・ルートが使用されているのですが、リコリス、カシアが使われていない理由も気になっていたのですが、明確な理由をご説明いただき、非常にすっきりと腑に落ちました。

・コリアンダーは柑橘を支える清涼感、アンジェリカは独特のスパイシーな香りのために使用。(オリス・ルートについてはここでは書けませんので、気になる方はご来店時にでもお聞きください。^^;)
・リコリスやカシアの甘く重い香りを足すと、重たい香りになり、柑橘の香りを前面に出すコンセプトにそぐわなかったので使用していない。


20180417_sakurao15_coffey.jpg
ジン造りの場合は、ベーススピリッツ(しまきび原料)は既に連続式蒸留済のクリアなものを用いているため、右側の精溜塔(=連続式蒸留器)部分は通さず、常圧84~85℃くらいで単式蒸留のみを行います。焼酎メーカーさんの国産ジンといえば減圧蒸留のイメージでしたが、他蒸留所は乙類の焼酎メーカーだったからでしょうね。(中国醸造さんはもともと甲類の焼酎メーカーさん)

ジン・バスケットを通した蒸気は、裏側の管を通って冷却塔へ流れる仕組みになっているそうです。
(ウィスキーを造る時も、モルトウィスキーのみを造っているため、右側の精溜塔(=連続式蒸留器)部分は現在素通り。ちなみに、精溜塔左側のL字型のレバー操作で、各段を使用するかどうかを変更できる仕組みだそうです)
原酒は70度以上で蒸留され、初留(ヘッド)は次の蒸留の原酒に加え、後留(テール)は廃棄、中留(ハート)のみをボトリング。


また、中国醸造さん以外の焼酎の蔵が作るジンは、たいていの物が焼酎独特の風味がします。むしろ、その香りもボタニカルの一種と考えられていたり、それこそが個性と思われている感じもありました。
広島県産にこだわった桜尾ジン・リミテッドの原酒が、沖縄のしまきびのスピリッツだという点も不思議だったのですが、当初は地元の麦を使用した麦焼酎から作ってみられたそうです。しかし、各ボタニカルの香りを生かす上で、焼酎の風味は不要だと判断、焼酎から脱却しないとジンは造れないという決断があったそうです。焼酎メーカーさんとしては苦渋の決断だったと思いますが、その結果、一般的なカクテルにもとても使いやすいジンになっています。
店主自身は焼酎風味のジンも、使いこなして美味しく提供するのがバーテンダーの腕の見せ所だと思っていますが、お客様、バーテンダーさん共に、「焼酎臭くて苦手」とおっしゃる方が多いのも事実です。
※決して、他メーカーさんの焼酎へのこだわりを否定するものではありません。それはそれで素敵な矜持だと思います。

他にも、興味深いエピソードを色々お聞かせいただきました。
・当初入れた赤紫蘇の量では梅干しぽくなってしまった(笑)ため、量を減らした、ジュニパーベリーリーフ等の影響でグリーン感が強すぎたので、青紫蘇を追加するとマイルドになった。
・宮島の楓も検討したが、そもそも香りって???→却下(笑)

今後、季節限定バージョンなども造られるそうで、どんなジンができるか非常に楽しみです♪


社会科見学で工場に行くのは昔から好きなのですが、ましてや人生初の蒸留所見学。
前日の睡眠時間が2時間だったのもあり、やや変なテンションだったと思います。

お忙しい中丁寧にご対応いただいた、中国醸造のご担当者各位、本当にありがとうとうございました!

皆様、桜尾ジン・オリジナル、リミテッド、是非お試しくださいませ。

桜尾蒸溜所公式サイト
  1. 2018/04/28(土) 15:21:32|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任務完了

思い起こせば、頼まれたのは昨年11月・・・。

「こういうの苦手だけど、どうしても欲しかった」とご購入されたお客様からの組み立て依頼。

レゴもプラモデルも得意だったから、きっとできるはず。

ええ、30年以上前の事なので、老眼が入った店主には辛かった・・・。

レゴは設計図なんてなかったから、自由に好きなものを作れた。

プラモデルはちゃんとした設計図があったから、きちんとやれば正しく作れた。

ナノブロック、なめてました。

設計図自体が意味不明です。
パーツの小分け袋も脈絡がありません。

1度着手して、胴体の一部だけ作って放置していましたが、今年度中に終わらせたかった。

そして、今日ようやく・・・。

20180325.jpg

目がしょぼしょぼします。

肩凝りがすごいです。

店主が暴走しそうです。


でも、久しぶりの達成感。

買ったまま20年以上放置しているプラモデル、作ってみようかな・・・



あ、ナノブロックは二度と作りたくありません(笑) 
  1. 2018/03/25(日) 19:45:56|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辰巳氏ご来店♪

大寒波が日本に居座っているようですが、皆さま風邪など召されていませんでしょうか?

温かくしてお過ごしくださいませ。


先日、はるばる郡上八幡から、辰巳蒸留所の辰巳氏にご来店いただきました。
(実は、昨年3月にもご来店いただいたのですが、その時はまだ蒸留所が稼働してなかったのです)

なんでも、この寒波で蒸留所の配管が凍結してしまい、作業できないので、杜の蔵さんの新酒の視察がてら来福されたとか(笑)
実際に作り手の方のお話をお聞きできる機会というのも、なかなかないチャンス。ちょうど(?)他のお客様がいらっしゃらなかったので(笑)、ゆっくりと色々なお話を伺える、とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。

20171203.png
20171105.png

辰巳蒸留所のジンは当店でも2種類おかせていただいておりますが、とにかく福岡ではなかなか入手できません(笑)

実は、辰巳さんはジンのベーススピリッツとして、杜の蔵さんの吟香露(だけではありませんが)を使われているのです。
焼酎苦手な店主ですが、吟香露は例外で、前々から当店でも使わせていただいていたので、不思議なご縁を感じます。

また、もう1つベースとして使用されている、ちこり焼酎というものを、店主が不勉強なため知らなかったのですが、それについてもお話しを聞かせていただきました。タンポポ科のちこり芋というものから造る焼酎だそうで、ほぼ現地で消費されてしまうとか(だから福岡では見たことがないんですね)
ジンのボタニカルとしてよく使われるものの一つに、アンジェリカルート(アンジェリカの根)とか、オリスルート(ニオイアヤメの根)などの、「根」があります。(ボタニカル=「草皮木根」) ちこりはそもそも根の部分なので、それをベースとすることで、根の風味も加わるのだとか。

味見用のサンプルまでご持参いただいたのですが、ジュニパーのみのジン、カレーに合うジン(笑)、甘くないホワイトキュラソー、とさすが辰巳さんの造られるお酒、どれも個性的でした。
ジュニパーのみのジンはとても爽やかで、でもパンチも効いていて、レギュラーで使いたいくらい好みでした。また、リキュールじゃないホワイトキュラソーも、非常に創作意欲を掻き立てられるアイテムでした。

また、今後辰巳氏が造ろうとしているお酒の話もとても面白く(公開していいかわかりませんので、ここでは書きませんが)、そしてそのお話しをされているときの辰巳氏のお顔が、少年のようでとても素敵でした。

ちょうどお話がひと段落されたときにいらっしゃった、初めてのお客様に、せっかくなのでFirst Essence Flower Ginをお勧めしたのでした(笑)

辰巳蒸留所のジンをお取り扱いしていただける福岡市内の酒屋さん、どこかありませんでしょうか・・・(笑)
 
  1. 2018/01/30(火) 21:27:58|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIN-POSIUM JAPAN 2017(遅)

気が付けば、もう12月も半ば。
寒い日が続いております。

もともとの筆不精に加えて、公私ともにバタバタしておりまして、すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、去る12/3(日)、「GIN-POSIUM JAPAN 2017」というイベントに参加してまいりました。

20171203_Gin-Posium.jpg
(C)日本ジン協会

これまでウィスキーやテキーラ、ラムのイベントは結構ありました。
今回のジン-ポジウムは、日本ジン協会(存在も今回初めて知りました・・・すみません・・・)主催の国内初のジン専門のイベントです。

ジンを知り、ジンを楽しむためのイベントとして、12/3(日)に東京都内のホテル・イースト21で開催され、出展企業は34、出展ブランド数は72、それらを一同に味わうことができる大規模なイベントでした。

参加者数は約600名だそうです。
福岡にいるとなかなか感じにくいのですが、ジンもようやくここまで来たんだなーというのを、初めて(笑)実感致しました。

第一部はジンの専門家お二方と、国産ジンメーカー4社のご担当者様によるセミナーでした。

ジン-ポジウムのために来日された、Angus Winchester氏によるセミナーでは、ジンの正しい歴史等、知識について詳しくお話をしていただきました。

従来ジンの発祥については、17世紀にオランダのシルヴィウス博士が造ったということになっていましたが、最近ではジンの発祥=イタリア説が有力と言われています。
ジンの歴史について、「13世紀イタリアで、Jacob van Maerlantが、ワインをジュニパーベリーと一緒に煮込む、Aqua juniperis(Juniper water)について記述している」「シルヴィウス博士が生まれる10年以上前の文献に、既にジュネヴァの記述があった」等、改めてイタリア説が有力に感じました。(もっとも、現在のジンに近いものという意味では、シルヴィウス博士の造ったものが最初かもしれませんが)

また、ジンの香りを最大限に感じるためのテイスティング方法も、目からうろこでした!
(文才がない店主なので文章での説明が難しい・・・^^; ご来店の際にお伝えいたしますね^^)

そして、当イベントのためにAngus氏がご持参くださった、OLD DUFF GENEVER、NOLETS SILVERも非常においしいジンでした。
特にNOLETSは、ジュニパーの風味よりも他のボタニカルが遥かに香るため、賛否両論があり、“未来のジン”“未来のウォッカ”とも言われているそうですが、個人的にはかなり好きなジンでした♪ 是非、インポーター各社様、お取り扱いをご検討ください!!(笑)

続いて、Desmond Payne氏による、ビフィーター24のセミナー、国産クラフトジンのセミナー(サントリー六、京都蒸留所季の美、本坊酒造和美人、ニッカカフェジン)と続きました。

第二部は出展ブランドやジンベースカクテルの試飲という内容でした。

お世話になっております、ボタニストのブランドプロモーション担当K様、ジンロウのインポーター、アレグレスのI様、H様、普段なかなかお会いできない皆様との再会。

以前、日経MJで読んで気になっていた、東京渋谷のGOOD MEALS SHOPの方ともお会いできました♪

短い時間でしたが、素敵な時を過ごさせていただきました。

もっとも、さんざん試飲して回ったので、さほどお酒が強くない店主はかなり呂律が怪しかったと思います。申し訳ない・・・^^;

残念ながら、気になっていたBARは大抵日曜日がお休み。

もっとも、会場ですでに限界だったので、開いていても行ける気力はありませんでしたが(苦笑)



というわけで、珍しく日曜日にお休みをいただいたので、一応ご報告などしてみました。

それにしても、福岡にはいつになったらジンブームが来るのかしら・・・(笑)

 
  1. 2017/12/12(火) 19:20:19|
  2. Diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

終日禁煙(Ploom TECのみ可)です。

[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休(2016年9月より)
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!


[Facebookページ]
https://www.facebook.com/BarJuniperBerry
「いいね!」お願いします^^

Facebook

「いいね!」

bar ねずの実bar ねずの実
「いいね!」バナーを作成


 




 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
Project (8)
Tweet (46)
Gin (129)
Diary (24)
Food Menu (4)
Infomation (143)
Cocktail (18)
Information(discount) (3)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (3)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる