bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2016年9月時点で約180種類)だけで専門店は御座いません、普通のカクテルやビール等も御座います。 できれば「マスター」と呼ばないでください。お一人様大歓迎です♪

【お報せ】2013.07のお休みについて

梅雨というのにさっぱり雨が降らず、このまま夏に突入しそうな勢いですね。

暑さに極度に弱い店主は、既に夏バテ・・・(苦笑)



さて、今月の定休日は通常通り、第1、3木曜日(7/4、7/18)の2日です。

夏といえば、ジン・トニックの季節。トニック・ウォーターはそもそも暑気中り対策の飲み物。

暑い日の最初の一杯には、ビールよりも是非ジン・トニックを♪


 


 
スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 19:36:08|
  2. Infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪(其の弐)~2013.06

20130624.jpg

【SIPSMITH LONDON DRY GIN V.J.O.P.#2 (シップスミス・ロンドン・ドライ・ジン V.J.O.P #2)】

しばらく品薄になっていたSIPSMITH LONDON DRY GIN V.J.O.P.が、更にパワーアップして帰ってきました♪

シップスミス社はウエストロンドン・ハマースミスに、ウイスキー評論家の故マイケル・ジャクソンのオフィス跡地に2009年に創業したクラフト蒸溜所です。
シップスミスの一番の特徴は銅製の超小型の蒸溜器を使用し、200本ほどのスモールバッチでスピリッツを生産している点で、ロンドンで銅製の蒸溜器が稼動したのは1820年以来です。
ポットスティルとコラムスティルを組み合わせたユニークな蒸溜器で良質な部分のみをミドルカットしているため、1日わずか300本ほどしか蒸溜することが出来ません。

シップスミス VJOP ロンドンドライジンは、最高のジントニックのために定番品ロンドン ドライジンに改良を加えました。
VJOPはVery Juniper Over Proofの略で、トニックで割っても負けないようジュニパーベリーを通常の2倍投入し、よりドライでよりビッグなフレーバー、そしてアルコール度数は高めの52%に設定しました。
注ぐとジュニパーの芳香が一気に広がり、シトラスが追いかけてきます。ミドルカットによりつくられた極めてスムースな口当たりと、10種のボタニカルの複雑なフレーバー、ジュニパーを伴ったドライなフィニッシュです。

昨年10月、VJOPのリリース時、バー文化が発達した日本が先行発売の国として選ばれ、その日本からのフィードバックを元に、よりパワフルで、よりジュニパリーな改良版となる今回の#2がつくられました。




当店には前Ver.もまだありますので、飲み比べるのも楽しいかもしれません♪

 
  1. 2013/06/27(木) 13:48:56|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギムレットには早すぎる?

当店で、【GIN & TONIC(ジン・トニック)】の次に、オーダーが多いカクテルは【GIMLET(ギムレット)】だと思います。

gimlet.jpg

GIMLETは、19世紀、イギリスの東洋艦隊で飲まれていたドリンクが、フォーマルな装いのカクテルに進化したものです。
当時、イギリスの海軍では、洋上勤務の将校にはジンを、船員にはラムの水割りを毎日支給していました。
1980年、海軍軍医であったギムレット卿(T.O.Gimlet)が、艦内で将校に配給されていたジンの飲み過ぎを憂慮し、健康維持のためにライム・ジュースを混ぜて飲むことを提唱しました。当時の東洋艦隊は、インドで砂糖入りのライム・ジュースを購入し、ビタミン源として洋上の乗組員に飲ませていたため、このジンのライム・ジュース割もすぐ受け入れられ、提唱者の名にちなんでGIMLETと名づけられました。

他に、ギムレット(gimlet)が錐の意であることから、その味の突き刺すような鋭いイメージから命名されたという説もあります。

カクテル・ブックによく載っているレシピは

・ドライ・ジン       3/4
・ライム・コーディアル  1/4(甘味入り果汁飲料)
シェイクしてカクテル・グラスに注ぐ。


というものが多いのですが、最近の傾向としては、

・ドライ・ジン        3/4
・ライム・ジュース     1/4(フレッシュ)
・砂糖(又はシロップ)   1tsp
シェイクしてカクテル・グラスに注ぐ。


という方が主流なように思います。更には砂糖やシロップも入れずに、よりドライに仕上げるバーテンダーも多いようです(が、個人的には甘味を加える方がバランスがよく、美味しいカクテルになると思っています)。


さて、レイモンド・チャンドラーの名作、『長いお別れ』の中で、英国人テリー・レノックスがギムレットについて、次のように言っています。



「本当のギムレットを知らないんだね (中略)ほんとのギムレットはジンとローズのライム・ジュースを半分ずつ、ほかには何も入れないんだ」

僕自身、チャンドラーがそう書いてるので、それでいいんだ(笑)と思っていたのですが、その根拠らしきものもちゃんとあります。

サヴォイ・ホテルのアメリカン・バーのチーフ・バーテンダー、ハリー・クラドック氏による、『サヴォイ・カクテルブック(The Savoy Cocktail Book)』(初版1930)に記載されているレシピは

50ml Plymouth Gin

30ml Rose's Lime Juice Cordial

Stir, and serve in the same glass



のようになっており、「ステアしてそのまま提供」ということは、カクテル・グラスに直接ビルドで作るスタイルのカクテルですね。ただし、レノックス氏のお説とは異なり「半分ずつ」ではないようです(笑)


分量はさておき、ギムレットというカクテルは
1.ジン+ライムジュース(コーディアル) → ビルド
 ↓
2.ジン+フレッシュライムジュース → シェイク

と変化し、さらに日本に入ってから、
 ↓
3.ジン+フレッシュライムジュース → ビルド

というレシピの、日本生まれの ギムレットの簡易版カクテル、「ジン・ライム」へと変化したのです。

結果的には、中途半端な先祖帰りになっているのが興味深いところです。


と長々と書きましたが、ここからが本題・・・(笑)

20130613.jpg

古い友人K君が、ローズ社のライム・コーディアルをお土産に買ってきてくれました♪(ローズのライム・コーディアルは、残念ながら日本には輸入されていません)

という訳で、ただいまねずの実ではクラシック・ギムレットのご提供が可能です。

(ローズのライム・コーディアルがなくなるまでの期間限定です)

この機会に是非、お試しくださいませ!
 
続きを読む
  1. 2013/06/13(木) 16:52:12|
  2. Cocktail
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お報せ】2013.06のお休みについて

梅雨の時期。

雨の日は、街の騒音も雨音に包み込まれ、静寂が広がり・・・

大気中の不純物が洗い流され、浄化されていくようで、とても気持ちがいい季節です。


さて、今月の定休日は通常通り、第1、3木曜日(6/6、6/20)の2日です。

雨の日に静かに飲むお酒もオツなものです。

もし気が向いたら。足が向いたら。ちょっと遊びにいらしてくださいませ♪

 
  1. 2013/06/01(土) 19:49:29|
  2. Infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2013.06

梅雨入りして、毎日ぱっとしないお天気が続いていますね。個人的には雨の日は大好きなのですが・・・(笑)

雨が嫌いな方も多いでしょうが、福岡の数少ない自然災害は渇水。梅雨はまさに恵みの雨です♪

20130530.png

【Junipero Gin(ジュニペロ・ジン)】

アメリカにおけるクラフトビールの原点とも言えるサンフランシスコの「アンカースチーム」。
その生産者であるアンカー社が1996年に生産を開始したプレミアム・ジンです。
12種類のボタニカルを使用して、銅製の小さなポットスティルで蒸留されるハンドクラフトジンで、骨太ながら絶妙なバランスの逸品です。



フランス産のジンが変わり種が多いのに対し、アメリカ産のジンは、手間暇かけて丁寧に作られた正統派のものが多い印象があります。

是非お試しあれ!
 

 

  1. 2013/06/01(土) 16:33:30|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休(2016年9月より)
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!


[Facebookページ]
https://www.facebook.com/BarJuniperBerry
「いいね!」お願いします^^

Facebook

「いいね!」

bar ねずの実bar ねずの実
「いいね!」バナーを作成


 




 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
Project (8)
Tweet (40)
Gin (111)
Diary (19)
Food Menu (4)
Infomation (127)
Cocktail (18)
Information(discount) (3)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (3)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる