bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2016年9月時点で約180種類)だけで専門店は御座いません、普通のカクテルやビール等も御座います。 できれば「マスター」と呼ばないでください。お一人様大歓迎です♪

【お報せ】2014.02のスケジュールについて

「1月行く」といいますが、当店、大変ゆっくりな1月でした・・・。^^;

逃げる2月に期待します!

と言うわけで、2月の予定をお報せ致します。

201402_Calendar.png

【2月の定休日】

通常通り、第1、3木曜日(2/6、20)の2日お休みを頂きます。

例によってもしかしたら、休日モードで開けるかもしれませんが(笑)

※ねずの実休日モード
 ・【完全禁煙】です。
 ・店主コスプレ無、照明も適当です(笑)
 ・店主はカウンターに座って呑んでます。


【その他】

2/9(日)は、第6回ダイヤモンドセレクション(清川・高砂・白金サルー)参加のため、営業時間その他変更点がいくつかございます。詳細はまた改めて告知させていただきます。
なお、サルー参加は今回をもって、しばらくお休みの予定です。

2/16(日)の13:00~17:00は、第8回 ねずのみ人狼会の予定です。
ご興味おありでしたら、お気軽にお問合せください。


まだまだ寒さが続きそうですね。熱燗、ホットカクテル等ご用意してお待ちしておりますので、お気軽に遊びにいらしてくださいませ。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 13:58:33|
  2. Infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新・バーの十戒

20140128.jpg

あ、深い意味はありません・・・。

以前、バーの十戒について書いたことがありますが、最近「新・バーの十戒」というものがあるようですね。

調べてみたところ、yuji kawasakiさんという方の「そのウィスキーをもう一杯」というブログに、該当の記事がありました。

以下、引用させていただきます。

新・バーの十戒


  1. バーテンダーのことをバーテンと呼んではならない

  2. 酒の香りを匂いと言ってはならない

  3. バーテンダーを急かしてはならない

  4. 大声でしゃべってはならない

  5. 出された酒が好みではなかった時、嘘をついてはならない

  6. 乱れてはならない

  7. 酒の愉しみ方にルールがあると思ってはならない

  8. それが誰であれ説教をしてはならない

  9. 過去に安くしてもらったとしても言及してはならない

  10. 気に入らないバーには二度と足を踏み入れてはならない


新・バーの十戒:解説編

  1. バーテンという呼び方は、蔑視のニュアンスが含まれますのでご注意を。(バーテンダー+フーテン=バーテン、という説も)

  2. 「におい」には異臭というニュアンスがあるので、ぜひ「香り」と表現しましょう。

  3. 急かしたところでそのバーテンダーさんの能力以上には速くなりません。心に余裕を持ちましょう。

  4. だだっ広い空間ではないので、そのバーの雰囲気にあわせた声のボリュームを。

  5. 好みでない酒はそう伝えましょう。バーテンダーさんのメモリーに記録され、次回に役立ちます。

  6. 酒は「決して乱れず」が美しいです。飲みすぎず、姿勢も言動もシャンとしていましょう。

  7. 酒の飲み方はそれぞれお好きなように。ほかの人の注文にも正解・不正解はないのです。

  8. 最悪なのはマスターへの説教です。バーは良くも悪くもマスターの空間ですから、説教するぐらいなら行かなきゃいいんです。

  9. 何らかのタイミングで安くしてくれた情報を特に他のお客さんにバラしてはいけません。せっかくの厚意をアダで返さないように。そのとき一回きりのありがたいものとして心にしまっておきましょう。「あの時は安くしてくれた・・」などとチマチマしたことは言わないように。

  10. よいバーが栄え、よくないバーが廃れるように、よいバーには足を運び、よくないバーには二度と行かない、という直接行動でバーを評価しましょう。あなたの感覚で評価してください。



以下、店主見解です。

※2については同意なのですが、バー云々ではなく、日本語の使い方の話なのでノーコメントとしておきます。

その通り … 3、4、5、7、9

できれば … 1(知らずに仰る方が大半なので、いちいち気にはしませんが^^;)、
         6(6は酔っぱらった時は多少は仕方ないですが、できれば(笑))

条件付き … 8(他のお客様への説教はNGですね。
           バーテンダーへの説教は、もっともならば傾聴、さもなくば聞き流します(笑)のでご自由に。)

怖い(泣)… 10


(「ならない」→「できればそうしていただければ」くらいに置き換えて読んでください(笑))

※以上、あくまでも個人的な感想です。引用内容を否定するものではありません。

十戒、新・十戒等、いろいろな考え方があると思いますが、個人的には「他の方に迷惑をかけない範囲で、それぞれの楽しみ方で楽しんでください」という感じです♪
  1. 2014/01/28(火) 15:20:57|
  2. Tweet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2014.01【其の弐】 ~ヘイマンの逆襲~

暑がりの店主ですら、さすがに寒いと思う季節です。
でも自宅ではまだ暖房器具は一切使用していませんが(笑)

寒さMAXで上がりまくる店主のテンションと裏腹に、いつも以上に静かな1月のねずの実です・・・。


さて、前回予告した、ヘイマンの新商品のご紹介です♪
(だいぶ前からあったのですが、筆不精ですみません)

ビーフィーター・ジンを生み出したジェームス・バローの末裔のクリストファー・ヘイマンが経営するヘイマン・ディスティラー社は、1800年代から歴史がある老舗の業者です。


20140110.jpg

(左)【HAYMAN'S ROYAL DOCK GIN (ヘイマン・ロイヤル・ドック・ジン)】 57%

ロイヤル・ドック・ジンは、1863年から英国海軍へ上級品として供給していたスタイルのジンです。

アルコール度数は、もし火薬の上にこぼしても火を付けられる強さ(ネイヴィー・ストレングス)の57度。ロイヤル・ドックは、4世紀にわたり英国海軍の歴史の中で最も重要な出発の拠点(港湾)でした。



当店にある【NAVY STRENGTH】のジンは、これまでもPLYMOUTHがありましたが、「度数が強い」お酒は「旨い」のです(店主の個人的主張です(笑)) 特に、ジン・トニックにした時に、その良さが際立ちます。


(右)【HAYMAN'S 1850 RESERVE GIN (ヘイマン 1850 リザーブ・ジン)】 40%

1850リザーヴは、ジンを木の樽で保存していた1850年代のレシピに基づき造られました。ボタニカルは、ジュニパーとコリアンダーを軸に蒸留後、スコットランドのウィスキー樽で3~4週間寝かせることによりメローさとスムースさをジンに与えます。5000本づつのバッチで蒸留され、ボトルにはバッチ・ナンバーが記されています。



ウィスキー樽熟成のジンと言えば、VICTORIAN VATのDISTILLERS CASCシリーズがありますが、こちらはどのウィスキー樽を使用して熟成されたものなのか、蒸留所のオフィシャルサイトにも記載がありませんでした。^^;

こちらは是非、常温ストレートでお楽しみください!


インフルエンザ、ノロと色々流行っていますが、皆様ご自愛くださいませ。

 
  1. 2014/01/24(金) 14:58:18|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2014.01

今更ですが、明けましておめでとうございます!

昨年も大勢の方のおかげで、ねずの実、無事2度目の年を超すことができました。本当にありがとうございます!m(_ _)m

何かとバタバタしておりまして、年始のご挨拶がすっかり遅くなってしまい申し訳ありません。^^;


さて。

店主の煩悩は109でとどまらず・・・。

だって「これ以上増やさない」と決意するたびに、面白い新商品が出るんですもの・・・。

20140107.jpg

(左から順に)

【PORTBELLO ROAD No.171 GIN (ポートベロー・ロード No.171ジン)】 42%

ロンドンのノッティングヒルにあるバー「ポートベロー・スター」は、この地で1740年よりアルコールをサービスしてきた歴史を持ち、今もなお、地元の人達に愛されている老舗のバーです。
そこで自家蒸留され、圧倒的に人気を誇るジンが2012年より瓶詰して発売開始されました。
門外不出の秘伝のレシピで製造されたジンは、すっきりとした清涼感に溢れ、植物原料の持つ豊かな風味が広がる飲み飽きしないスタイル。一度味わったら病み付きになる伝統の味わいがここに凝縮されています。



ポートベロー・スターでは、自分のオリジナルの調合で、マイ・ジン・ボトルを作ることができる「ジン・インスティテュート」も開催されているそうです。(以下引用)

ロンドンで二番目に小さいミュージアムである「ジン・インスティテュート」では、およそ一千年近くにおよぶジンの歴史を学び、試飲とジンに使用する植物原料の臭覚レッスンを終えた後には、
いよいよオリジナルの調合のジンを作りに挑戦する。卒業生にはフルボトルのジンが贈呈され、オリジナル調合のレシピは次回注文のために保管されるシステム。
料金は100ポンド、カクテルで始まるレセプションとクラスレッスン、「ポートベロー・ロード・ジン」と、オリジナル・ジンの各70clのボトルがセットになっている。
主催者であるジン・インストラクターのジェイク・F・バーガー氏は、「ここポートベローは地元住民ばかりでなく、世界中から多くの観光客が訪れる場所だ。
週末のマーケットが有名だが、買い物だけでなく、ロンドン、特にポートベローならではの特別な体験をしてもらいたいと思い、ジン・インスティテュートを始めたんだ」と語る。
ただ飲むばかりでなく、ロンドンの歴史と精神を象徴している蒸留酒、ジンへの知識と理解を深めるユニークな場所としてロンドンの話題を集めている。



機会があれば、是非1度行ってみたいものです。

【SLOAN'S DRY GIN (スローアンズ・ドライ・ジン)】 40%

オランダ産。
サー・ハンス・スローンは北アイルランド出身の医師で食物学者で収集家。
自身のコレクションをイギリス政府に遺贈し、それが大英博物館の元になったことで知られる人物を大胆にも商品名に採用。
他のジンとの主な違いは新鮮な柑橘系の果物を使用し、個別にボタニカルを蒸留しながら少量手造りで生産される点、コスト度外視で、
単純に『世界のベストジン』を目指して造られる味わいはヨーロッパにて急激に知名度を上げています。



オランダ産なのにドライ・ジン。

最近、「コスト度外視の少量手造り品」、結構多いです。ちょっとお高めなのが気になりますが、悔しいことに例外なく美味しいのです^^;


【Filliers Dry GIn 28 (フィラーズ・ドライジン 28 スモールバッチ・ポットスティル)】 46%

ベルギーのダインゼという町にある家族経営の生産者。1972年創業で、“フィラー”は創業者の名前。一家で農業の傍らジュネヴァーの生産をしたのが始まり、今ではジンベースのリキュールやウイスキーも製造。このジンは第一次世界大戦後の1928年に生まれ、今もなお当時の味を踏襲するフラッグシップ的商品。28種類のボタニカルを使用し、常に品質管理が可能な最小規模のポットスティルで蒸留。大手とは異なる独創性のある風味を伴うジンの製造しています。



当店初のベルギー産ジンです♪ 柑橘、カルダモン、コリアンダー、そしてジュニパーの風味にミルキーな口あたりが魅力的。

「家内制手工業」って、なんだかワクワクします(笑)

でも、2013年サンフランシスコ・ワールド・スピリッツコンペティションで金賞を受賞している実力派のジンです。

個人的にはMONKEY47に負けない逸品だと思います!


【Gordon's CRISP Cucumber (ゴードン・クリスプ・キューカンバー)】 37.5%

古典的なゴードン・ロンドン・ドライ・ジンに天然のキュウリ(キューカンバー)のフレーバーをブレンド。
特にトニック・ウォーター割りに向くようです。
香味:ジュニパー、シトラス、甘い植物、フローラル。ジュニパーとキュウリの長い余韻が特徴的。



この名前、なぜかペ○シを思い出します。

ヘンドリックスといい、タンスといい、イギリス人、胡瓜好きなのね・・・。


というわけで、これで113種類。

しかしまだ終わらないのです。でも長くなったのでこの辺で・・・(笑)

TO BE CONTINUED,..


続きを読む
  1. 2014/01/10(金) 14:40:17|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休(2016年9月より)
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!


[Facebookページ]
https://www.facebook.com/BarJuniperBerry
「いいね!」お願いします^^

Facebook

「いいね!」

bar ねずの実bar ねずの実
「いいね!」バナーを作成


 




 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
Project (8)
Tweet (43)
Gin (114)
Diary (19)
Food Menu (4)
Infomation (130)
Cocktail (18)
Information(discount) (3)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (3)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる