bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2016年9月時点で約180種類)だけで専門店は御座いません、普通のカクテルやビール等も御座います。 できれば「マスター」と呼ばないでください。お一人様大歓迎です♪

入荷情報♪~2017.1【其の弐】

ここ数日は春の陽気並み、昼間は暑いくらい。

さて、今月2回目の入荷情報です。

すでにバックバーもあふれてきているので、今年は新商品を極力入れない方針なのですが、

限定品とか、かなり強烈な個性のものが次々出てしまうのです。やめてください・・・。

20170125.png

(左)【Pickering's Oak Aged Gin Islay Whisky Cask(ピッカリングス・オーク・エイジド・ジン・アイラ・ウイスキー・カスク)】
スコットランド産 47%


スコットランドのエジンバラで2013年に創業したばかりの、クラフトジンを生産するサマーホール蒸留所のユニークな「ピッカリングスジン」。創業家に代々伝わる古いレシピを再現するべく、エジンバラ市内では150年ぶりとなるジン専門の蒸留所として創業しており、すでにイギリス国内はもとよりヨーロッパにも輸出を始めています。

定番品とは別に限定で造られたこの商品は、アイラウイスキーの樽で数か月フィニッシュをかけたスモールバッチのクラフトジン。ワンバッチ当たりの生産数は約200本と大変少なく、現地ではアイラ以外にもアイランドやスペイサイドのウイスキー樽でフィニッシュをかけたジンを販売しています。



アイラ樽のジンは他にもありますが、店主個人的には、ジンの風味がスモーキーさに負け気味であまり好きではありませんでした(笑)が、今回のジンは、スモーキーさに負けないくらい、ジンが主張していて面白かったです。

ただし、350mlしかないのにMonkey47と原価変わらないくらい・・・。恐ろしい・・・。
かなりお高めなので、店主からお勧めすることは基本的にはないと思われます(笑)

興味がおありの方は、350mlしかないのでお早目に♪

(右)【Jinzu Gin(ジンズウ・ジン)】
スコットランド産 41.3%


富山県に流れる一級河川、神通川の名をとったジン。スコットランド・キャメロンブリッジ蒸留所で製造、2014年にディアジオよりリリースされました。ディアジオのShow Your Spirits Competition2013のウィナー、英国人女性バーテンダー、ディー・ディヴィーズさんのアイデアから生まれました。

このジンは彼女が16歳の時に日本に 訪れて以来持ち続けている日本と日本文化への情熱が形になったもの。伝統のコッパーポットスティルを使ってニュートラルグレーンスピリッツにジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカが浸され、その後、柚子と桜の花が短時間加えられます。

ヘッドはアルコール度数82度、これに日本酒(純米酒)が加えられて60度、さらにスコティッシュウォーターが加えられて41.3%のジンになります。

柚子から来る新鮮な柑橘、日本酒由来のズムースな舌触りが特徴。



神通川、桜の花で風味付け、純米酒を使用、と店主の琴線に触れまくりです。
小学校の社会の授業で聞いたことがあるくらいの川が、まさかジンの名前に使われるなんて!

他種のお酒の樽を使用するものは、これまで数々ありましたが、混ぜてしまうのは初めてかもしれません。
ますますジンの定義がわからなくなります・・・(笑)

とてもデリケートな優しい風味です。桜のほのかな香りと日本酒の風味もちゃんと感じられます。
是非常温ストレートでお楽しみいただきたい逸品です。 

 

スポンサーサイト
  1. 2017/01/29(日) 22:13:40|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入荷情報♪~2017.1

気が付けば1月も既に半分以上過ぎ、今日は大寒。

この冬一番寒い日。

本当に大寒波襲来中。

皆さま風邪にご用心を。


今回の2本は、年始に既に入荷していたものなのですが、ご紹介がこんな時期になってしまいました。

20170101.png

(左)【AVIATION(アビエイション)】
米国産 42%


オレゴン産。ライ麦ベースの純粋なスピリッツに、ラベンダーやサルサパリラの果実(ヨーロッパでは薬用に応用)など独自のボタニカルにより製造された、オレンジの皮のような香りと味わいのジン。

調合の妙が生む独自のスタイルを確立。



開店当初から、国内で発売されていたのですが、なぜか後回しになっておりました。

試飲会で飲んで、おいしさに感動したジンです。

AVIATION(飛行)の名の通り、ラベルに飛行機の絵が描かれています♪


(右)【Melbourne Gin Company Dry Gin(メルボルン・ジン・カンパニー・ドライ・ジン)】
豪州産 42%


ワンダラー・ワインとジェムブルック・ヒル・ヴィンヤードのワインメーカー、アンドリュー・マークスの最新作。

ボタニカルはそれぞれ蒸留され、ワインメーカー的アプローチで作られたレシピに基づいてブレンドされます。ボタニカルのデリケートな性質を表現するため、伝統的に香水を作る時に用いられる、コッパーポット・ベインマリエ・アランビック蒸留器を使用しています。ジュニパーベリーとコリアンダーシード、マカダミア、サンダルウッド、ハニーレモンマートル、ローズマリー、グレープフルーツ、オーガニックなネーブル・オレンジ、更にアンジェリカの根、オリスルーツ、カシアバークとブレンドされます。

そして最後の成分…メルボルンから60キロ離れた、ヤラバレーのジェムブルックに降った純度の高い雨水がボタニカルを引き立てます。



香水用の蒸留器で云々とあるので、アロマが強いのかと思いきや、ほんの微かに香る程度。

正直「はずれかな・・・?」と思ったのは内緒です・・・(笑)

しかし、口に含んだ時のフレーバーの芳醇さは抜群でした!

なんとも不思議な香りのジンです。


なぜにこんなに更新が滞っていたかと言いますと・・・

店主、大晦日から元日にかけて毎年恒例の謎の高熱を出し、落ち着いたかと思ったら眼球が傷ついてPC、スマホの画面を見ることができず・・・。

ようやく短時間なら画面を見ることができるようになったというわけです。

しばらく右目に眼帯していたのですが、目の大切さを改めて実感しております。

皆さまも年に1度は眼科検診を是非。


遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします! m(_ _)m

 


  1. 2017/01/20(金) 14:16:15|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休(2016年9月より)
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!


[Facebookページ]
https://www.facebook.com/BarJuniperBerry
「いいね!」お願いします^^

Facebook

「いいね!」

bar ねずの実bar ねずの実
「いいね!」バナーを作成


 




 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
Project (8)
Tweet (36)
Gin (108)
Diary (19)
Food Menu (4)
Infomation (125)
Cocktail (17)
Information(discount) (3)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (3)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる