FC2ブログ

bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2018年4月時点で約220種類)だけで専門店は御座いません。普通のカクテルやビール等も御座います。 お一人様大歓迎です♪  ※【完全禁煙です。喫煙者の方は<必ず>携帯灰皿をお持ちください。】  ※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】  当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

【お報せ】2019.6の営業予定について

6月はお休みの変更は特にありません。
201906_Calendar.png
6/16(日)は、すぐ近くでWhisky Talkというイベントが行われるため、開店時間を少し早めにしようと思っています。
(目標17時半)
毎日暑い日が続いております。皆様ご自愛くださいませ。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/31(金) 20:58:19|
  2. Infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入荷情報♪~2019.5

4月上旬に大阪で購入してきたジン+αのご紹介、何とか4月中にと思っていたのですが、平成ジャンプしてしまいました・・・

20190412.png
(左)【ANTHER CHERRY GIN (アンサ・チェリー・ジン)】
(豪州産) 27%

Anther Ginの実験的スピリッツです。

Anther Cherry Ginを作るために、何千ものチェリーを手摘みしてから、高い度数のAnther Ginに浸します。

チェリーはタスマニア州北部のSpreyton Farm産の特別なもので、このジンに複雑な風味と贅沢で豊かな赤い色を付与しています。



レギュラー商品のアンサ・ジンが美味しかったので、間違いないと思い入荷してみました。

スロー・ジンのチェリー版といった感じでしょうか。ベースのジンがしっかりしているので、甘い中にも複雑な風味がする素敵なジンです。
ストレートかジン・トニックで是非ご賞味ください。

(中)【AUSTRALIAN GREEN ANT GIN (オーストラリアン・グリーン・アント・ジン)】
(豪州産) 42%

Something WildとAdelaide Hills Distilleryのコラボレーションで造られた Austrarian Green Ant Ginは、ジン専用に設計されたカラムとバスケットで丁寧に蒸留されています。

その薬効とタンパク質摂取のため、豪先住民の間で伝統的に好まれてきたグリーン・アントは、ライムとコリアンダーの鮮やかな風味を引き出します。このユニークなブッシュタッカーは、アボリジニのララキア族のMotlop家によってノーザンテリトリーで手作業で収穫されています。

オーストラリアの原住民のボタニカルを使うことに、かねてより触発されてきたAdelaide Hills Distilleryのチームは、オーストラリアの先住民や豪原産の食材を、伝統的な土地所有者と協力せず、正統な許可も得ずに採取されている問題について議論する中で、ララキア族のモロップ家と話す機会が生まれました。その目的は、彼らのビジネスを成長させ、新しい機会を確立するのを手伝うことで、またオーストラリア原産の原料がどのように調達されているかについての意識を高める一助となることでした。

グリーン・アントはコリアンダーとカフィアライムの葉の新鮮な風味が引き出し、柑橘類とライムの 芳醇な香りが、フィンガーライムによって更に強化されて口蓋に広がります。現地産のジュニパーがくっきりと香り、ペッパーベリーのスパイシーな香りは、柑橘系の味のバランスを保ちます。ストロベリーガム(ユーカリの一種で、苺のような香り)、レモンマートル、アニスマートルは、伝統的な英国のジュニパーベリー樹脂の個性に似た、緑や葉が多いハーブの個性を付与しています。


Google翻訳を手直ししてみたのですが、店主の貧しい英語力と根気のなさのせいで、若干おかしな日本語になっていたり、間違いっていたりする箇所も多々あると思われますが、Done is better than perfect、ということでとりあえずやっつけました。ご了承くださいませ。

20190412_2.png

アリ。ぷかぷか。

グリーンアントはツムギアリの一種で、穴を掘らず、葉っぱ等を糸で編んだ巣を樹上に作ります。樹液を食べているからなのか、このジンは蜂蜜のような芳醇な香りと蟻酸由来なのか仄かな酸味のような香りがします。

ブッシュタッカー(bush tucker)とは、オーストラリアの先住民族アボリジニに伝統的に利用されてきた同国原産の動植物のことです。


(右)【GINIVERSITY BOTANICAL GIN (ジニヴァーシティ・ボタニカル・ジン)】
(豪州産) 42%

オーストラリアの 独特なレシピで厳選されたボタニカルを使って作られています。その独特な香りを生み出すするために、個別に香りづけと蒸留を行っています。

特徴的なボタニカルとしてはジュニパーベリー、サンダルウッド(白檀)、ボロニア、レモンマートルとユーカリが含まれています。



なんかいっぱい賞を取っているジンです(笑)  新鮮でフルーティな香りが素晴らしいジンです。

20190426.png
【Friedrichs Dry Gin (フリードリヒ・ドライ・ジン)】
(独逸産) 45%

ドイツ最古の蒸溜所の一つ、シュリヒテ社の新たな挑戦!

茶色い陶器のボトルで、本国ドイツでは誰もが知るジン「シュリヒテ・シュタインヘーガー」。
同社が250周年記念で産み出したこのジンは、ジュニパーベリーそのものを発酵、蒸溜する伝統の製法を使用、13種のボタニカルを加えたのちに、3回の蒸溜を行いました。独特の濃厚な味わいにはライムを加え、ローズマリーの刺激的な香りを。



ジュニパーベリーそのものも発酵させて蒸留する点は、伝統的なシュタインヘイガーの製法ですが、「ドライ・ジン」と銘打たれています。どっちなんでしょ? 分類なんてする意味がないくらいなのが、最近のジンな気もします(笑)

20190502.png
(右)【コマサジン ‐ほうじ茶‐】
(鹿児島県 小正醸造株式会社) 45%

『KOMASA GIN(コマサジン) ‐ほうじ茶‐』は、創業1883年の焼酎蔵・小正醸造による「KOMASA GIN ‐桜島小みかん‐」に続く、クラフトジンのレーベルです。米焼酎に、ジュニパーベリーと鹿児島県産ほうじ茶など厳選したボタニカルを加えて製造しています。
ジン特有のドライな味わいとほうじ茶のかぐわしい香りが広がります。



季のTEA、AKAYANE 緑茶等、お茶の風味を特徴にしたジンがいくつか出ていますが、ほうじ茶は初めてですね。

ほうじ茶独特の香ばしい香りが素敵なジンです。参考までに左は既存の【コマサジン -桜島小みかん-】です。

グリーンアントのところに1か月(というか、なかなか集中できる時間がとれなかっただけですが)かかってしまいました。すみません。当分の間、新商品を入れたくなくなっております(笑)
 
  1. 2019/05/11(土) 17:27:49|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

National Cocktail Week 2019

昨年参加させていただいた、National Cocktail Weekに今年も参加させていただいております。


(※画像は公式サイトより)

いまだに、「シェイカーあったの?」と訊かれることがあるので、カクテルもありますアピールのために(?)、本日5/11(土)~17(金)までNational Cocktail Weekに参加しております。

といっても、そんなに特別なことをするような柄でもないので・・・。

1.九州産クラフトジンのジン・トニック(五十音順)
 ・JIN JIN GIN(熊本)
 ・油津吟(宮崎)
 ・和美人(鹿児島)
 ・KOMASA GIN -ほうじ茶-(鹿児島)

2.昨年に続き、瀬戸内レモンのリキュールと八朔のリキュールを使った、クラシック・ギムレットのツイストカクテル、瀬戸内ギムレット檸檬、八朔の2バージョン。
20180420.png

という感じで、ロング、ショートそれぞれご用意しております。

宜しくお願い致します♪
 
  1. 2019/05/11(土) 14:23:29|
  2. Infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お陰様で7周年です。

毎年のことながら、特になにをやるでもないので、わざわざお報せしなくても良いのですが・・・

本日、令和元年5月2日をもちまして、ねずの実も7周年を迎えることができました。
ひとえに、相変わらず未熟な店主と、永遠に発展途上のねずの実を支えてくださった、お客様、お取引業者各位、、諸先輩方、その他当店に関わっていただいた全ての皆様のお陰です。心から感謝申し上げます!

この1年で、ようやく方向性を見出すことができたように思えます(遅)
またここから、心新たに精進してまいります。


だいたいいつも、周年とは思えないくらいゆっくりの5/2当日です。


周年当日は、【ドリンク1オーダー当り、100円分を西日本豪雨災害の義捐金】とさせていただきます。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください!

※なお、狭い店ですので、お花はご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。
(正直に言えば、室内に植物があると、アレルギーでつらいのです・・・^^;;;)
皆様に足をお運び頂けるだけで十分です。(^-^)


GW真っ最中ですので、ご予定のある方は無理して当日にいらっしゃらずとも結構ですので、後日お時間ある時にでもお立ち寄りくださると嬉しく思います。

皆様のご来店、心よりお待ちしております!

そして、これからも bar ねずの実 をよろしくお願いいたします!
mitarashi.png
(店の近所の野良さん。彼女もたしか7歳)
#毎年同じ画像(笑)
 

  1. 2019/05/02(木) 01:44:54|
  2. Infomation
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

終日禁煙(Ploom TECのみ可)です。
それ以外のお煙草につきましては、極力ご遠慮ください。どうしても喫煙される場合は、【携帯灰皿をご持参の上】屋外にてお願いいたします。


[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!






 

Facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
Project (8)
Tweet (48)
Gin (152)
Diary (24)
Food Menu (4)
Infomation (180)
Cocktail (19)
Information(discount) (4)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (4)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR