bar ねずの実 公式Blog

福岡市中央区白金で、Gin & Tonic屋さんぽい、ゆるい感じの呑み屋をやっとります。ジンが異常に多い(2016年9月時点で約180種類)だけで専門店は御座いません、普通のカクテルやビール等も御座います。 できれば「マスター」と呼ばないでください。お一人様大歓迎です♪

入荷情報♪~2017.3

昨日、近所の公園の桜が1本だけ満開になっていました。

はやくも春の気配がちらほらと。


先月末に書きかけてたのに、相変わらず仕事がさばけてない店主です。

しかも、この2本は確か2月上旬に入荷していたような・・・

もう少しブログの更新を頑張りたいと思っておりますが、多分できないのでお約束はいたしません^^;

20170227.png

(左)【GIN LANE 1751 LONDON DRY GIN ROYAL STRENGTH(レーン 1751・ロンドン・ドライ・ジン・ロイヤル・ストレングス)】
英国産 47%


ビクトリア王朝時代に親しまれていた高品質なジンに範をとったもので、いわゆるジュニパーの香味に優位性があり、リコリス(甘草)やシトラス(柑橘果実)が脇を固める古典的なロンドンドライジンの一典型。
1751年とはジンにとって重要なターニングポイントとなる年。ジンが興盛を極める一方で、粗悪なジンも横行して、社会的問題を引き起こすとも多数あった頃。同年に社会風刺画家として名高いウィリアム・ホガースが発表した「ジン・レーン」という絵画が、ジンは社会にとって悪影響を及ぼすものとして描かれ、これが決定打となり、これまで興盛を極めたジンが、この年を境にしてその地位をビールに奪われていきます。
そこから1800年台の再復興までは至るところで密造や密売が開始され、密売の目印として”黒い年老いた猫”の看板が店先に掲げられたと言われています。
そのような時代背景を商品名に込め、古き良きジンを現代に問いかける1本。
こちらはカクテルに確かな骨格を与えるハイプルーフ版。



度数40%のものもあるのですが、折角なので47%の方を入荷しました♪

ちなみにWilliam Hogarthの風刺画「ジン・レーン(ジン横丁)」とは、「ジン横丁」と「ビール街」というセットの片割れ。

William_Hogarth_-_Gin_Lane.jpg
Gin Lane(1751)
William Hogarth


William_Hogarth_-_Beer_Street.jpg
Beer Street(1751)
William Hogarth


「ビールを飲めば神に祝福され、ジンを飲めば地獄行き」

中野京子「怖い絵・死と乙女編」より


ちょっと、あんまりじゃないですか?(笑)

もっとも、これには当時の時代背景があるのです。
この話は、ちょっと長くなるので別記事にしたいと思います。


(右)【BCN GIN(BCNジン)】
スペイン(バルセロナ)産 41.3%


スペイン、カタルーニャ地方の豊かな恵みを存分に凝縮したバルセロナ産のクラフトジン。有名なワイン産地として知られるプリオラートからのぶどうをベーススピリッツの原料に使用。仕込水はかのジンと相性の良いミネラル豊富な井戸水。ローカルボタニカルの内容はジュニパーベリー、ローズマリー、フェンネル、マツの芽、そして特筆すべきはイチジク。そこに、南カタルニア地方のレモンピールを加えることで、山と陸、海、都市を結ぶ、他ではマネ出来ないテロワール溢れる魅力の個性を生み出しています。



BCN=BarCeloNaですね。

よくジンの風味は松脂だと思っていらっしゃる方がいらっしゃいますが、実際には松はめったに使われていません^^;

これは実際に松(の芽)が使われている珍しいジンです。


それでは、今月も宜しくお願い致します!
 
スポンサーサイト
  1. 2017/03/02(木) 17:24:46|
  2. Gin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クラフトジンブーム | ホーム | 【お報せ】2017.03のスケジュールについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://barnezunomi.blog.fc2.com/tb.php/323-ddafefd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ねずのみ。

Author:ねずのみ。
 
※【食べログ、その他口コミサイトへの掲載はご遠慮ください。】
 当店の雰囲気を大切にしていただけるお客様にご迷惑がかかりますので、よろしくお願いします。

[Address]
Zip 810-0012
福岡市中央区白金1-6-7
MAC白金ビル1F

地図はこちら

西鉄大牟田線薬院駅から徒歩5分程度。平尾駅からだと徒歩20分弱です。


[Phone]
092(521)3773


[Open]
19:00~
 平日…2:00から3:00頃迄
 日祝…1:00頃迄
※遅い時間にご来店の際は、お電話頂ければ幸いです。
※火曜日定休(2016年9月より)
 ただし、事前にご予約いただければ、できる限り対応させていただきます。
 定休日でもゆるく営業している日も多々あります。TELご確認くださいませ。

[Price]
 Charge・・・300円
 Drink ・・・600円~
 Food ・・・300円~

[Twitter]
@bar_nezunomi

たまに思い付きで、Twitterのみのタイムサービス(笑)等呟いたりします。FB、ブログからも連動しているため、Twitterだけ見ていただいた方が、全情報が確認しやすかったりします。
Follow Me plz!


[Facebookページ]
https://www.facebook.com/BarJuniperBerry
「いいね!」お願いします^^

Facebook

「いいね!」

bar ねずの実bar ねずの実
「いいね!」バナーを作成


 




 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
Project (8)
Tweet (39)
Gin (110)
Diary (19)
Food Menu (4)
Infomation (127)
Cocktail (17)
Information(discount) (3)
Washu (4)
Whisky (5)
Library (2)
Liquer (3)
AF (1)
liqueur (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる